効率良く脂肪燃焼してダイエットする方法とリバウンドの対策

Published / by dikfgii20

お腹周りに脂肪が蓄積されてくるとだらしない体型に見えてしまい周囲の人からの印象も悪くなってしまいます。

またお腹周りに脂肪が蓄積される事によって血液がドロドロになってしまったり体内の老廃物が溜まりやすくなって動脈硬化など血管系の病気や癌など生命に関わる病気になりやすくなってしまいます。
お腹周りに脂肪が蓄積されてしまうと健康面でも支障が出てくるので脂肪を燃焼してダイエットしていくという事が大切になってきます。
そこで脂肪燃焼を効率良く出来るダイエット方法を見ていく事にしましょう。

お腹周りの脂肪を燃焼させるにはまず有酸素運動が効果的です。
有酸素運動もいろいろな運動がありますが、誰でも取り組みやすいウォーキングが一番おすすめです。
ウォーキングは基本的に歩く運動ですが、カロリーの消費量は意外と多いので脂肪燃焼効果があります。
また激しい運動ではないのでケガをしてしまう事もほとんどなく特に太っていて重い体になっている時にはすごく適した運動です。

基本的にウォーキングを開始してから脂肪が燃焼し始めますが、効果的に燃焼し出すのはウォーキングを始めてから20分を経過してからと言われています。
ウォーキングをして効率良く脂肪を燃焼していくには少なくとも30分はウォーキングする必要がありますが、出来れば1時間を目安にした方がいいでしょう。

ウォーキングをする時間をしっかり取れるという人は特に問題ありませんが、あまり時間が取れなくて30分ぐらいしか出来ない人は効果的に脂肪が燃焼し出すのを早める方法もあります。
脂肪燃焼効果がある飲み物もいくつかあって代表的なのは緑茶になります。

緑茶に含まれているカテキンが脂肪燃焼効果を高めてくれるのでウォーキングを開始する前に緑茶を飲んでカテキンを摂取しておけば効果的に脂肪が燃焼し出す時間も早くなります。

ウォーキングをしてお腹周りの脂肪を燃焼出来てもその後何もしないとリバウンドして再びお腹周りに脂肪が蓄積されてしまいます。

お腹周りに脂肪が蓄積されるのは筋肉の量が少ないという事も原因となっているのでお腹周りの筋肉の量を増やしていく事も大切です。
お腹周りの筋肉を増やしていく方法はやはり腹筋が挙げられるでしょう。
腹筋は家の中でも手軽に出来るので毎日する習慣をつけておくといいでしょう。
腹筋をする時は自分に合った回数をする事が大切で最初は10回3セットぐらいから始めてみましょう。
それで物足りなさを感じたら筋肉の量が増えてきた証拠なので20回、30回と回数を増やしていくといいでしょう。

お腹周りの脂肪を燃焼した後に筋肉の量を増やしておけばリバウンドして再びお腹周りに脂肪が蓄積されるのを防ぐ事が出来ます。
しかしトレーニングを止めてしまうと筋力が低下して筋肉の量も減ってきてしまうのでウォーキングと腹筋は並行して毎日取り入れるようにするといいでしょう。
また食事の時もなるべく脂質を摂取しないように心掛けていくといいでしょう。