タグ: 二の腕を引き締める方法

自宅で実践した二の腕を引き締める方法

Published / by dikfgii20

太ってしまった時は痩せるためにダイエットに取り組みますが、痩せても不自然な体型に見えてしまう事がよくあります。
原因もいくつかありますが、
その一つに二の腕がたるんでいる事が挙げられます。
ダイエットをして痩せても二の腕がたるんでいると不自然な体型になってしまうので周囲の人からの印象も悪くなってしまいます。
そのためダイエットをする時は二の腕を引き締めるという事も大切なので自宅で実践した方法をいくつかご紹介していく事にしましょう。

二の腕引締め

自宅で実践した二の腕を引き締める方法はまず腕立て伏せです。

腕立て伏せは筋トレの中でも基本で体全体の筋肉を鍛える事も出来ますが、二の腕にも刺激を与えるので効果的です。
二の腕がたるんでいる時は筋肉の量が不足している状態なので最初から回数を多くしてしまうと二の腕を痛めてしまう可能性があります。
そのため最初は10回を3セットのペースから始めていき1週間ぐらい続けたら体が慣れてきます。
体が慣れてきて10回3セットだと物足りないと感じたら回数を20回、30回と増やしていくと効果的です。
腕立て伏せを20回、30回を3セット苦になく出来るようになったら二の腕も引き締まっている事が多いのでその辺りを目安にして取り組んでみましょう。

日常生活の中で500mlのペットボトルの飲み物を飲みますが、そのペットボトルに水を入れて2本用意します。
それで両手に水の入ったペットボトルを1本ずつ持って二の腕を動かしながら体操すると二の腕に適度な負荷がかかって刺激を与えてくれます。
体操はラジオ体操の中にある基本的なもので大丈夫なので毎日取り入れると次第に二の腕を引き締めていく事が出来ます。
腕立て伏せが苦手という人はこの方法で二の腕を引き締めていくといいでしょう。

二の腕

二の腕の筋肉を強化する事が引き締める事に繋がっていきますが、柔軟性を高めていくという事も大切になってきます。そこで二の腕のストレッチを取り入れてみるのも効果的です。
二の腕を伸ばしたりねじったりする事によって柔軟性が高まっていき蓄積された脂肪を分解して燃焼されていきます。
毎日取り入れていけば短期間で二の腕を引き締める事も可能なのでおすすめの方法の一つです。二の腕のストレッチは体が温まった状態でするのがいいので入浴後に取り入れてみるといいでしょう。

自宅で実践した二の腕を引き締める方法を紹介していきましたが、日常生活の中で歩いたりする時も手を振る事で二の腕を引き締める事が出来ます。
そのため歩く時に意識的に手を振ってみるといいでしょう。