タグ: 改善方法

乾燥肌のトラブルと改善方法

Published / by dikfgii20

空気が乾燥してくる冬はもちろん、夏はどこに行っても冷房がついていたり、1年中問題となってくる乾燥肌。
その症状は軽いものから「かゆみ」や「赤み」にまで発展してしまうこともあります。

そこでそんな乾燥肌をお持ちの皆様に少しでも楽になってもらうべく、対策と改善方法をご紹介します。

1.乾燥肌とは
そもそも乾燥肌とは何なのか。
その名の通り外からの乾燥などで肌の角質が壊れ、皮膚の水分と油分のバランスが崩れ蒸発していくことでカサカサの乾燥肌になります。
・肌がガサガサ・カサカサする
・保湿液などを塗らないと痛い・赤くなる
・洗顔した後に肌がつっぱる感じがする
・何となく肌が硬くなってきた感じがする
上記に一つでも当てはまる人は乾燥肌の傾向があると思われます。

2.乾燥肌を起こす4つの原因
乾燥肌になってしまう原因として4つ挙げられます。
①間違ったスキンケア
②日々の生活の何気ない行動
③生活習慣の乱れ
④加齢

その細かい内容は

①間違ったスキンケア
入浴時に洗いすぎていませんか?
ゴシゴシと洗ってしまうと肌の角質はどんどん壊れていきます。
よく泡立ててその泡だけで洗う感覚がいいでしょう。
特にメイクをされている方は1秒でも早くメイクを落とし、入浴後は化粧水を手のひらの体温でじんわりと染み込ませるのがいいです。

②日々の生活の何気ない行動
冬の時期はやはりエアコンでしょう。
湿度を気にし、風の出るエアコンはなるべく避け石油ストーブを使用できたらいいのですが、職場などではそうもいかないと思うので、加湿器やスチーマー、マスクなどを使用し乾燥に気をつけましょう。
しかし、加湿もしすぎると毒になります。
それはお風呂も同じです。熱いお湯で洗顔をしてはいけないのと同じで熱いお湯に長くつかることは避けたほうがいいでしょう。
お風呂にも「保湿入浴剤」などを入れることによってお風呂上がりのかゆみやヒリヒリする痛みなどは改善されたりします。

③生活習慣の乱れ
ストレスや偏った食事は乾燥肌の大きな原因です。
ストレスが全てにおいて悪影響なことは言うまでもありません。これは定期的に発散できる方法を見つけていただくしかないのですが、食事のバランスは気をつけることができると思います。
乾燥肌に悪い食べ物といえば「インスタント食品」「刺激物」「冷たいもの」です。
乾燥肌に良い食べ物は下記でもう一度述べたいと思います。

④加齢
誰も防ぐことはできませんが、加齢により体内の水分量や油分は減っていきます。
30代の後半から大きく変わっていくと言われていますが、加齢とは上手に付き合っていくしかないでしょう。

3.乾燥肌に良い食べ物
乾燥肌に良い食べ物を調べると・・・
「ビタミンA」「ビタミンB」「ビタミンC」「ビタミンE」「セラミド」「必須脂肪酸」
ですが、一体何を食べたらいいのかがわかりません。
何に多く含まれているかといえば・・・
「ビタミンA」はレバーや緑黄色野菜、サバなどの青魚
「ビタミンB」はレバーや大豆、卵など
「ビタミンC」はレモンなどの果物
「ビタミンE」はナッツや植物性の油、アボカドなど
「セラミド」はこんにゃくや豆、ひじきなど

つまりはご飯・パンなどの糖質、牛肉などの脂質、卵・牛乳などのタンパク質に加え、上記のビタミンなどを補給する。
バランスの良い食事を心がけて食事から体質を変えていきましょう。

万人の悩みである乾燥肌についてお話ししました。
乾燥肌の原因には、さまざまなことが考えられますが、少しの気遣いで改善できる可能性があります。
自分の生活にあった改善方法を見つけ、試してみてください。